LINEUP

LINEUP

医療・健診機関向け
総合健診システム「THiS」

THiS

従来の“健診システム”の枠を超えて、医学検査情報から生活習慣、栄養、ストレスに至るまでの健康づくりの総合的なデータ管理を実現します。

詳細はこちら
年間受信者約100~2,000人規模の施設様向け
新規導入に最適な健診システムです。

パソコン1台で始める
健診システム

予約・受付から結果報告書の作成や請求までの機能全てを集約したパッケージシステムです。
マスタの設定や帳票の設計等が必要ないため、健診システムを初めて導入される施設様でもすぐにご利用いただけます。

  • マスタ設定済み

    健診で必要な検査項目は予めマスタ設定されています。(特殊健診や脳ドックなどを除く)すぐに実際の健診で必要な検査項目を選択して、コースやセット、料金などの登録が行えます。(設定の変更も可能です)

  • 結果報告書

    選べる6種類
    (様式5号・6号を含む)
    定型帳票が標準で搭載されているので、帳票の作成が不要です

  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
お問い合わせはこちら
閉じる

WEBサービス

WEB上で新規予約申込ができます。
予約情報は健診システムへ自動連携されるため、電話対応や予約登録の業務を軽減できます。

WEB予約の特長

  • 受診者の好きなタイミングで予約申込ができます
  • 受診者は個人負担金額を事前に把握できます
  • 受診者は受診する検査項目やオプション検査を確認・選択できます

画面イメージ

  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
閉じる
WEB上で問診回答ができます。
回答内容は健診システムへ自動連携されるため、問診表の送付や記入内容の確認、OCR取込の業務を軽減できます。

WEB問診の特長

  • 受診する検査に合わせた問診内容が自動で表示されます
  • 前回の回答内容が引き継がれる為、受診者の負担が軽減されます
  • 回答内容は自動チェックされるので、漏れのない回答を回収できます

画面イメージ

  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
閉じる
WEB上で結果照会ができます。
健診結果表の印刷や発送の業務を軽減できます。

WEB結果紹介の特長

  • 全ての過去結果を表示できる為、時系列的な検査履歴が把握できます
  • 結果は専用画面の他、結果報告書(PDF)のダウンロードにも対応しています
  • スマートフォンでも見やすいデザインの画面設計です

画面イメージ

  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
閉じる
WEB上で非対面での面談ができます。
受診者は検査後に面談まで待つ必要や、後日面談のために再度施設へ足を運ぶ必要がなくなります。

WEB面談の特長

  • 受診者は事前にソフトのインストールやアカウント登録が不要です
  • 受診者はPC(カメラ・マイク・スピーカー必須)またはスマートフォンがあれば、どこにいても面談できます
  • 面談時、医師のPCに表示されている健診結果等を受診者に画面上で共有できます

画面イメージ

  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
閉じる

特定健診・特定保健指導向けシステム/ソフトウェア

平成20年4月より施行された特定健康診査及び特定保健指導に対応したシステムです。登録から電子データ変換までスムーズにサポートします。約60機関様への導入実績があります。

SHAPESの特長

  • 医療制度改革に必要な業務に対応

    特定健康診査・特定保健指導に必要な各種業務に対応しています。

  • あらゆる雇用形態に対応

    IT化されていない施設から健診システムが稼働している医療機関まであらゆる運用形態のシステムに対応しています。

  • 他の健診システムと連携可能

    他の健診システムやネットワーク端末からのデータ取込には、厚生労働省の標準ファイル形式に準拠したCSVファイルやパッケージ標準のCSVファイルを用意しています。

  • 稼働後の制度変更に対する
    柔軟な対応

    IT化されていない施設から健診システムが稼働している医療機関まであらゆる運用形態のシステムに対応しています。

  • XMLでの出力

    特定健診及び保健指導での電子データ(HL7)提出に関して、国保連合会、支払基金、各健康保険組合に多数の受理実績があります。

運用フローイメージ

運用フローイメージ

画面イメージ

  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
閉じる
既存健診システムなどから出力されたCSVファイルを特定健康診査及び特定保健指導で求められている形式の電子データに変換するソフトウェアです。

メタボDCの特長

  • 厚労省標準フォーマットへ
    簡単変換

    予めCSVファイル(任意の出力順に対応)の項目を紐付けしておくことにより、簡単に電子データに変換します。

  • 変換時の自動チェックが可能

    変換時に、桁数および必須項目の入力チェックなどを行うことが可能です。

  • 稼特定健診標準項目以外の
    任意追加項目への対応

    厚労省指定の特定健診基本項目に加え、特定健診として使用頻度の高い検査項目(約100項目)を任意追加項目として変換も可能です。

画面イメージ

  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 画面イメージ

動作環境

  • OS

    Windows 8.1(32/64ビット版)
    Windows 10(32/64ビット版)

  • ソフトウェア

    Microsoft.NET Framework 3.5

  • CPU

    1GHz以上の32ビット(×86)
    プロセッサーまたは64ビット(×64)プロセッサー

  • ハードディスク

    310MB以上の空き容量

  • データ読み込み用装置

    (32ビット版)1GB以上
    (64ビット版)2GB以上

Data Converter

価格 ¥500,000(税抜)
年間保守料 ¥90,000(税抜)

製品版でお試し頂けます!(貸出期間:2週間)

  • お問い合わせはこちら
  • ソフトウェアダウンロード
閉じる
特定健康診査・特定保健指導の電子データを視認性の良い形式で閲覧、修正し、電子データまたは CSV ファイルに出力することができます。健康保険組合連合会様から推薦を頂いているソフトウェアです。

こんなことでお困りの方に!

  • 医療機関の方々の場合

    作成済みXMLファイルを支払代行機関(支払基金・国  保連)や保険者へ提出したが、返戻され、XMLファイ ルを再度処理したい。

    提出前に返戻されないか、チェックしたい。

    国保・健保の方の場合

    医療機関毎にXMLファイルの形式が異なっており、整 理したい。

    軽微なエラーは、手直しして出来る限り返戻せず対応 したい。

機能一覧

データ読み込み、閲覧機能

データ修正機能

ロジックチェック機能

CSVデータ出力機能

XMLデータ出力機能

画面イメージ

  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 画面イメージ

動作環境

  • OS

    Windows 8.1(32/64ビット版)
    Windows 10(32/64ビット版)

  • ソフトウェア

    Microsoft.NET Framework 3.5

  • CPU

    1GHz以上の32ビット(×86)
    プロセッサーまたは64ビット(×64)プロセッサー

  • ハードディスク

    310MB以上の空き容量

  • メモリ

    2GB以上

Editor

価格 ¥250,000(税抜)
年間保守料 ¥40,000(税抜)

製品版でお試し頂けます!(貸出期間:2週間)

メタボEditor
(被保険者証等枝番対応版)

  • お問い合わせはこちら
  • ソフトウェアダウンロード

メタボEditor
(被保険者証等枝番対応版)
~健康保険組合連合会様向け~

  • お問い合わせはこちら
  • ソフトウェアダウンロード
閉じる

健診システムの導入を
ご検討されている方は
お気軽にご相談ください